1. ワイン買取で取引する際の注意点

ワイン買取で取引する際の注意点

ワイン買取りサービスの利用を検討している皆さんに、ぜひ確認しておいて頂きたいのが”買取をしてもらう前の注意点”についてです。

一度でもなにかしらの買取りサービスを受けたことがある方であれば既にご存知かもしれませんが、このようなサービスを利用する前には大抵の場合事前に確認しておくべき注意するポイントがあるもの。
今回ご紹介しておりますワインの買取りについても、同様に幾つかの大切なポイントがあります。
では、具体的にどのような点について気を付けておけばよいのでしょうか。
〜買取り拒否などのデメリットを回避するために〜

それらをポイント毎にまとめてみました。

1、身分証明書が必要である

一般的に、買取り関係のサービスを受ける際に提示しなければならないのが身分証明書です。
また、具体的にどのような身分証明書が必要になるかは、そのお店によって異なる場合が多いものですが、今回はそういったものの中でも”お店でよくOKとされているもの”をご紹介しておきたいと思います。

それは、免許証、パスポート、マイナンバーカード、学生証など、写真付きの身分証明書類です。
その他では、保険証などが通用するお店もあります。
買取りサービスを受ける際には、まずこれらの証明書を手元に用意しておくことが大切です。

2、付属品・ギャランティーカードの有無

これは、買取りをお願いしたいワインの査定に大きく響く要素です。
ブランドバッグ等の買取りと同様、付属品やギャランティーカードは、その商品が本物であることを証明する重要な要素。
これらが欠けていると買取ができない、と断られるケースも中にはあります。

3、ワイン価格の下調べ

買取ってもらう際に知っておいた方がいいのは、これから売ろうとしているワインがどのような価格帯で買取られているのか、その相場についてです。
これを知っておくことにより、不当に安く買取られる危険性が大きく減少するため、”ワインを正当な価格で買取ってほしい”と思われる方には、しっかりと押さえておいて頂きたいところです。

4、状態の確認

これも外すことができないポイントです。
箱はついているか、ラベルに汚れはないか、ワインが中で吹いた跡が確認できないか、コルクに破損はないか、このようなポイントは全て査定時に確認され、金額に大きな影響を及ぼします。
もしあなたが高額での買取を希望されるのであれば、事前にこのようなポイントが全てクリアされているか、それを確認しておくべきではないかと思います。
〜買取りできないワインはどんなもの?〜