先ほどはワイン買取りサービスについて、数々のメリットを述べさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

これまで、こういったサービスを利用されたことのない皆さんでも、思ったよりも簡単で身近なものだと感じていただけたのではないかと思います。
さて、それでは引き続き、こういったサービスを受けることによるデメリットの部分、これについても余すところなくしっかりとお伝えしていきたいと思います。

1、買い取り拒否にあう

みなさんがワイン買取りサービスを利用する上で、一番気持ち的にも凹んでしまうのはこのケースではないでしょうか。
家に置いてあったワイン、不要だから折角なら買取ってもらおうと思い、いざ店舗で査定をお願いしてみたところ「これは申し訳ありませんが、買い取りができません」と、断られてしまうケースはどうしても発生してしまうことがあります。

買い取りができないケースの内容については先ほど違う部分でもお話をしましたが、ワインやラベルに著しい破損があったり、精巧に作られた模造品である事が発覚したり、どうみても目減りが激しい商品であったりすると、買い取りをしてもらえない場合があります。
なので、あらかじめしっかりと確認をしておき、これなら買取ってもらえるだろうという商品だけを持って行くと、このリスクを避けることができるでしょう。
〜買取りできないワインの特徴をおさらい〜

2、査定額が低い

買い取り拒否の次に辛いのはこのケースです。
ヴィンテージのワインなら何でも高く売れると思われがちではありますが、やはりそこはワイン業界の事情があり、商品によって値打ちというのは大きく異なってくるものなのです。

なので、もしあなたが低い金額では売りたくないと思われているのなら、店舗などへの買い取りを依頼する前に、あらかじめオンライン査定などで買い取りを希望するワインの銘柄をしっかりと明記し、事前に査定金額を確認しておくとこのような損失を防ぐことができます。
〜ワイン買取りの査定額が下がる原因とは〜

あらかじめ金額さえ分かっていれば、後から後悔することもありませんし、しっかりと納得の上で買い取りをお願いすることができるでしょう。
また、買い取り相場をしっかりとチェックしておくというのも一つの手ですね。

3、店舗により買取価格に差

これも買い取りでは避けられない所。お店によって”持っている在庫に差がある”ことから、どうしても価格に変動が起きてしまうものです。

これを避ける為には、一先ず相場を確認した上で、あらかじめ査定金額の上限などを問い合わせておくのがベターです。
ファイブニーズなどの大手をはじめ、幾つかの店舗に確認した上で、自分が一番納得できる形で買い取りをお願いするようにすれば、特に問題にはならないでしょう。

  • 1